こだわりの “古書” 演出に迫る!絶賛上映中『ビブリア古書堂の事件手帖』

読書ログプラス_ビブリア古書堂の事件手帖
Pocket

鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂。その店主である篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく国民的大ベストセラー、三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ。その実写映画化となる『ビブリア古書堂の事件手帖』が先日11月1日(木)より全国の劇場にて公開中。シリーズ累計680万部を突破する国民的大ベストセラー小説の完全映画化となる本作。極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子(しのかわ しおりこ)を黒木華が、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔(ごうら だいすけ)を野村周平が演じる。さらに、漫画専門のネット販売を行う同業者で、栞子たちに関わっていくことになる稲垣に成田凌、大輔の祖母・五浦絹子の若き日に夏帆、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄に東出昌大と、現在の日本映画界を牽引する豪華実力派キャスト陣が本作で夢の競演を果たした。そして本作でメガホンを執るのは、『幼な子われらに生まれ』(17)で第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別賞に輝いた三島有紀子監督だ。

本作で黒木華が演じる主人公の栞子はビブリア古書堂の店主で、彼女の営む古書店には原作同様高価な希少本を含めてさまざまな古本が並んでいるが、劇中にはどの様な本が登場するのだろうか。

こだわりの "古書" 演出に迫る!絶賛上映中『ビブリア古書堂の事件手帖』

本作の鍵となる【それから】【晩年】は原作同様に劇中でも重要なアイテムとして扱われているが、作品の世界観に合わせて映画独自にセレクトした古書も数多く登場している。例えば、宮沢賢治の【銀河鉄道の夜】は原作にも登場し、三島監督自身の人生にとっても欠かせない思い入れのある本という事で起用。劇中の古書交換会で栞子が手に取る佐々木マキの【やっぱりおおかみ】は同作の持つ孤独感と疎外感や、作者が漫画家としてスタートしながら当時は酷評されていたという逸話が、成田演じる稲垣が絡む“ある人物”と構図として重なることから選定されている。その他にも1936年に刊行された野田書房版の芥川龍之介【地獄篇】、ボブ・ショウ【去りにし日々、今ひとたびの幻】、田川紀久雄【人造人間】、室生犀星【愛の詩集】など、劇中で一瞬しか映らない古書も制作陣と古書監修担当者の協議によって選び抜かれたファン垂涎のレアな古書が揃っている。

こだわりの "古書" 演出に迫る!絶賛上映中『ビブリア古書堂の事件手帖』

こだわりの "古書" 演出に迫る!絶賛上映中『ビブリア古書堂の事件手帖』

劇中ではこうして選び抜かれた本達を更に魅力的に見せるべく、登場人物が本を手に取った時の音や、ページをめくるときの紙が擦れる音など、本にまつわる効果音を強調する演出が行われている。また台詞として文学作品の一節を読むシーンでも、監督が美しい日本語表現の響きを考えて選ぶなど、視覚だけでなく、聴覚からも本の面白さを表現している。

こだわりの古書たちと、それを魅力的に見せる幾多の演出が盛り込まれたビブリアの世界観を是非、スクリーンでご覧いただきたい。

『ビブリア古書堂の事件手帖』劇場情報


人気小説から名作小説まで読書ファンが集まる読書レビューサイト【読書ログ】から感想をご紹介!

それから

・父親から勘当され、友人も傷つけ、楽な生活も捨て、彼が持っていた考えさえすっ飛んでしまって、愛する人のために、「凡て戦う覚悟」をする代助は、優柔不断な高等遊民ではなく、頼もしい凡人の男だと思いました。
・続きがとても気になる。それから、どうしたのか。代助の三千代への恋心は、露骨に描かれることがなく、逆にリアリティを感じさせる。雨音に包まれた告白のシーンが良い。
・勘当された代助は、これからどう生きていくのでしょうね。まあ、自分で稼いで自立しなければ自由に生きるといっても、どうしようもないでしょう。食べて生きていくだけのことができてからでしょう。自由というのは自立が前提だからね。三千代を幸せにしようと思えば覚悟を決めて、もう前を向くしかない。三千代は代助より腹が据わってる。ちょっと切ないけれど、しっかり生きてほしいと思いました。ああ、何で打ち明けてしまったかなあ・・・代助にはそれが一番の選択だったんだろうかねえ・・・(甘い?しょうがないか…^^;)一人の人間の生き方、人間模様。面白かった。

晩年

・「晩年」の中で「魚服記」が素晴らしい作品だと思いました。この作品は、死の片鱗をちらちらと川面に反射する月光のように見ることができます。その死の片鱗が美しく、リアリティをもって迫ってくるように感じました。

銀河鉄道の夜

・ふと夜空の星を見上げたくなる、14の短編集。久々に読んだ宮沢賢治さん。一つ一つのお話を大切に読んでいきたい。そんな気持ちにさせてくれます。しかし解釈の難しいお話ばかりですね。宗教的な意味合いも含めると、理解したつもりでも本当は全く汲み取れていないのではないか、と思うことばかりでした。
・読書スタイルとして、普段は脳内で映像化することは無く、風景描写みたいなものは(意識的ではなく)キレイにスっ飛ばして読むことが多いのだが、この作品はそれを許さずに強制的に映像化させられるような気がした。
・読んでみるとどこか悲しいような、切ないような、純粋でとても澄みきっているようなそんな印象を受けます。宮沢賢治の世界観が好きという人がとても多いのもわかるような気もします。本当にファンも多い名作ですが、でもとても正直に言うと、この作品の良さがわかりませんでした。あまりピンとこなかったことがちょっと悲しかったです。幻想的?とでも言うのでしょうか。なんだかとらえどころのないような、そんな感じです。とても難しいと感じてしまいました。ピュアな人ほど、この世界観に浸ることができそうです。時間をおいて、もう一度読んでみよう。
・宮沢賢治さんの作品は、暗いものが多く、あまり好んで読みませんが、唯一『銀河鉄道の夜』は何度も読み直したくなります。

栞子さんと奇妙な客人たち

・読書好きあるある満載の小説で面白かった。古書の内容というより、古書自体の価値を色々知ることが出来るのが一石二鳥。五浦という本や活字が苦手な男性が主人公でまさに肉食系で粗野な印象があり私が苦手とする男性像だった。本好きの美人な栞子さんに近づこうとするのだが…やはり、本の虫と読まない人が分かり合うというのは難しいことなんだと思った。
・重苦しいような内容ではないのでとても読みやすく、ラストの事件は想像以上に大事件で前半からは想像もできない展開でした。登場人物が最後までしっかりそれぞれの役割を果たしていて、無駄のないストーリーだったと思います。
・私は読書家というわけではなく、この作品に登場する本もほとんど読んでいません。それでも、いや、だからこそ、読んだことのない本について興味をかき立ててくれる、この本にはそういう魅力があると思います。また、本の内容に絡めつつ描かれる、持ち主たちの物語も魅力的です。作中の言葉を借りるなら「本そのものに、物語がある」という感じです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る