Pocket

8月17日(金)に公開となるアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』。今回は、本作品の原作者で「太陽の塔」、「夜は短し歩けよ乙女」、「有頂天家族」など、数々のベストセラー作品をもつ森見登美彦さんに作品誕生の経緯から核となるアイディア、さらに映画の魅力などたっぷりと語って頂きました。

Q.映像化された『ペンギン・ハイウェイ』を観てどのように感じましたか?
最初に観る時は結構緊張するんですよ。緊張するというか、余計なことを色々と考えてしまって落ち着いて見られないので、何回か観て段々慣れてくるんですけど、もう大分見たのでようやく慣れた感じで、、、あの、良い作品です(笑)。
ほんとに丁寧に、原作で僕が描きたかったものとか、色々細かいところを拾っていただいて。しかも、 「ペンギン・ハイウェイ」というのはかなり癖のある原作だと思います。よくよく考えてみると、ちょっと歪なと言いますか、かなり幻想的な話なのですが、これが夏休みの大きな映画として成立するのだろうか?と心配していたんです。でも、そこをうまく、原作の味わいとか、空気感とかを活かした上で、楽しんで観られる形の映画にちゃんとまとめていただいて、逆にほんとによくこんな映画を実現したなと思いましたね。
ちゃんとそういう形で着地していただいたと、それはすごく嬉しかったです。観ているとね、やっぱり涙ぐみますよね。原作者としてはちょっとあんまり泣いてはいかんと、でもやっぱりちょっとグッときてしまう。

Q.なぜ“ペンギン”で、どのようにしてこのストーリーが出来上ったのでしょうか?
結構、時間がかかっているんですよね。
最初に編集者の人とお話をして、郊外の住宅地で子供のときに妄想していたようなことを色々盛り込んだ小説を作りたいよね、というところから話が始まって、そこに「賢い少年」が主人公で、とか、憧れのお姉さんが出てきたり、ペンギン・ハイウェイというタイトルが出てきたりとか。さらに「ソラリス」(スタニスワフ・レムの小説)を利用してみようとか、SF風味の味付けをしようとか。だんだん膨らんでいった。しかも、雑誌の連載があったけれども今一つうまくいかず、連載が終わった後にまた単行本にするまでに、色々と別の要素を足して完成させたりしたので、どういう風にして出来上がってきたのかを、今となっては一言では言えないというか、、、創りながら試行錯誤して創っていった、それは、どんな小説を書く時にも割とそういう書き方になってしまうんです。

けど、ペンギンが何で出て来たのか?とよく聞かれるんですが、理由はないんです(笑)最初に、こういう世界を描きたいとあれこれ断片的なものを考えていた時に、TVのドキュメンタリー番組で“ペンギン・ハイウェイ”という言葉を見たのがきっかけです。実際にペンギンがウロチョロ歩いている“ペンギンの獣道”みたいなものを“ペンギン・ハイウェイ”と言うんだというのを見て、これは全然ハイウェイでも何でもないのですが、それをわざわざ“ペンギン・ハイウェイ”というのが可愛いな、と思ったのもあります。また、そのペンギンという自然の生き物とハイウェイと言う人工的な組合せがすごく印象的で、なんとなくその時、自分が描きたかった郊外の雰囲気みたいなものに“ペンギン・ハイウェイ”という言葉を持ってくると、これは非常にしっくりくると。これまで自分が色々描いてきた「夜は短し歩けよ乙女」とかのそういったノリ、いわば、ちょっと古めかしい言葉のノリとはまた別の世界が広がりそうだな、というのがあって。
だから“ペンギン・ハイウェイ”というタイトルが先ずあったんです。そうするとペンギンを出さなきゃぁしょうがない。だから、タイトルが出た時に郊外の住宅地の空き地にペンギンがポツンと立って空を見ているみたいな、そういうイメージ、そこから始めたんですよね。
だから、僕の場合は割といつもこんな感じなんですよ。ストーリーが自然に膨らんでいくというか、いろんな断片的で、こう描きたいとかいったイメージがバラバラにあって、段々イメージとイメージとの関係が見つかっていって、なんとなくそのイメージ達の中心に、こう、お話の筋みたいなものが見えてくるという創り方なんですよね。

Q.アオヤマ君たちの年齢の頃は、森見さんはどんなお子さんでしたか?
アオヤマ君みたいな子ではなかったですね。
アオヤマ君はある意味では小学校の自分にとってのヒーローみたいな存在であり、「こういう風になりたい」という憧れです。子供の頃の僕も科学みたいなことに憧れはあったけれども、どちらかと言えば内田君的なちょっと小っちゃくなってるような、そんな子供だったと思います。でも、「自分の住んでいる街のどこかに不思議なものがあるんじゃないか?」「世界の果てがどこかにあるのではないか?」というようなことはすごく考えてる子供でしたので、そこはアオヤマ君と重なっていると思います。

Q.森見さんと言えば“京都と大学生”のイメージですが、今回はなぜ郊外の住宅地!?
自分にとっては新境地的なものではなくて、元々やりたかったことなんですよね。
子供の頃から思春期を過ごした世界、そこで自分が妄想していたものを小説の形にしてみたいと思っていたんですけれども、中々それが上手く描けず、あれこれやっているうちに学生を主人公に京都を舞台にして描いたら、なぜかそれが世に出てしまった。で、いずれは京都を舞台にした大学生の小説じゃないものを、自分が以前挫折した、郊外の住宅地を舞台にした自分の原点みたいな小説を描きたいなと思っていたんです。
それで、大学生ものの小説を何作か書いているうちに、ある程度こういう風に主人公を設定すれば、こういった世界が描けるとか、こういう文体を使えばいいとか、こんな単語を選んで使うと世界が断然変わって見えるとか、そういうことが分かってきた。京都を舞台とした時はあまり現代では使わないような言葉を使って、現実の京都ともちょっと違った、古めかしい世界を創ったんです。そういう世界の作り方を、もっとうまくコントロールすれば、自分が以前描きたかったような世界が創れるのではないかと。ある程度道具が揃ってきたところでリベンジと言うか、もう一遍自分の原点といえる世界を小説化してみようと。そういうことで“ペンギン・ハイウェイ”を書いたんですよね。

Q.子供の世界観を描きつつも、“無常観”や“死生観”に迫るその狙いとは?
描いているうちに段々そういうのも出てきたという感じですかね。
中心のアイデアとして“世界の果て”みたいな、そこから先に行けない不思議な場所が、自分の家の近所にあるんだという子供の頃のイメージを描こうと考えたわけです。そこからだんだん考えが広がって、子供たちの身のまわりにある”世界の果て”が入ってきた。子供の頃って、世界の成り立ちとか、死んだらどうなるのか?など、大人が日常の生活であまり深く考え込まないようにしていることを、考えるじゃないですか。
そこにまともに向き合うというか。

小説の中で具体的に出て来るのは森の奥の草原にある「海」という存在だけど、それだけじゃなくて、本当は自分にはよくわからない年上のお姉さんだって謎だし、自分が死ぬという、生き物はみんな死ぬというのも謎であって、いろんな形での“世界の果て”がある。
そういう、子供たちがつきつめて考えて、ここから先はどうなっているんだろう?と思う、いろんな形の“世界の果て”みたいなものを全部入れようと。そういう風に考えると、いろんなところで我々は“世界の果て”に囲まれている、というか、それは解釈によっては「死」というものだし、それが無常観みたいなものに繋がっているのかもしれない。アオヤマ君が活き活きと謎に立ち向かっているから、怖さというものが少し薄められているんだけど、あちこちに深い穴が開いている、そういう小説ではあると思います。

Q.そうしたところにストーリーの深さを感じます。森見さんなりの伏線の仕掛け方なのでしょうか?
仕掛けたというか「それも入れなきゃ」というか、「入れたいと思いました。子供の頃にある日、自分は死ぬんだと知ったというか、始めて怖くなった。具体的な記憶はあまりないんですけどね。でもどこかで僕はすごくそれを怖く思っただろうし、今でも思うし、そういうのは是非この小説に盛りこみたいと思った。だから割と本筋には関わらなくても、そういうのは入れていくという。あの、、、僕は多少ムリがあっても、大事だと思えば全部入れちゃうんですよ(笑)。

Q.森見さんの小学生時代にも、作中のような憧れの“お姉さん”は・・・!?
そういう意味の個人的体験はなかったです。もっと小さい時に、近所のお姉さんに可愛がってもらったことはあったけれど、アオヤマ君とお姉さんみたいな関係性ではなかったので、参考になっているわけではない。今となっては「お姉さん」という発想の生まれた経緯が分からなくなってしまって(笑)。最初に編集者の人達と話しているうちに、男の子がいて、年上のお姉さんがちょっと気になっていてと、お話をしているうちに「これならいけそう」というふうになっていったのかな。“世界の果て”を目指す少年と、お姉さんという謎めいた対象に心を惹かれているということが段々結びついていって、これは男の子とお姉さんの話なんだと次第に分かってきた感じだろうと思います。
竹取物語とかね、かぐや姫みたいに、よくわからない世界からやってきて、さんざんこちらを魅了するんだけど、よくわからず帰っていくみたいな(笑)、そういうイメージはあったかもしれません。映画でも、お姉さんが住んでいるアパートの裏側が竹林になっていて、これはいいなと思ったんですけど、原作でどう書いたのか、もう忘れてしまいましたけど(笑)。お姉さんという存在について、かぐや姫のイメージはあったのかもしれませんね。
僕が男だから、やっぱり自分から見て女の人、好きになった人とかというのは、どれだけ色々知ったところで、やっぱりこう、、、謎なんでしょう。何か分からないことがずっと残るというのは割と小説を書いているとよく出てくるんですよね。

Q.アオヤマ君がいろいろ探し求めている過程を通して、森見さんご自身も創りながら探して、また発見もしている、と理解してよいのでしょうか?
そうですね、僕は小説を書く時はいつもそんな感じですね。分かっているというよりは、ああでもないこうでもないと手探りしていく。そのうちアオヤマ君みたいに“エウレカ!”みたいな感じで“こういうことか!”って分かるんです。そういうことが多いですね。

Q.キャラクターの個性も、創っていく段階でこの人はこういう人だったのだと?
そうですね、最初の時点では取っ掛かりみたいなぼんやりしたイメージしかないから、それを他のキャラクターとのやり取りとか、その人がどういう行動をとるのかとか、そういうことが物語の流れの中で決まっていき、完成したときにようやく人物とかが確定する感じはありますね。

Q.森見さんが影響を受けた本や映画を教えてください
大学生の時とかは、一時期“内田百閒”が好きで。デビュー作の「太陽の塔」を書き始めた頃にはその影響が強かったろうなと思います。
また、「ペンギン・ハイウェイ」単体でいえば「ソラリス」のイメージに凄く影響されていると思います。小説全体のイメージでいえば、何か向こう側に謎めいたシステムがあって、それを一生懸命調べるんだけれど、究極的なところではそこに到達できない、というような。ソラリスという星が、主人公の過去の死んだ恋人を作って宇宙船に送り込んでくるんだけど、その恋人も自分がどうして作られたのかよく分からずに最終的には消えてしまう。そういった「ソラリス」の骨格のようなものは、「ペンギン・ハイウェイ」の形を固めていくのに使っています。

Q.登場人物である“お姉さん”は森見さんのイメージ通りですか?
難しいですね、モデルがいるわけではないので。小説にしたって、厳密にモデルを描いているわけではないんですよ。だから、その、、、絵で見た時に、どちらかと言えば、「許容範囲に収まっている」みたいな感じですかね。そもそもイメージ通りになるはずがないんですよ。僕の場合、そこまで具体的な、はっきり形があるというのとはちょっと違っていて。その人の声とか言葉、台詞とか、アオヤマ君がその人をどのように表現するのかといったこともキャラクターの一部なので。小説は割にそういうニュアンスの積み重ねでキャラクターを創っていく。まあ、あんまり違ったらね、やっぱりこの小説の世界観からしてこれはあり得ないみたいなのはありますけど、その“ドンピシャでこの通り”という感じというのともちょっと違うんですよね。それは他のアニメにしてもみんなそうでした。『四畳半神話大系』にしても、『有頂天家族』や『夜は短し歩けよ乙女』にしても、これは非常に可愛いとか、これはいい、というのは分かるんだけど、ピッタシと言うのはまた違うんですよね。

Q.お姉さんがアオヤマ君を“少年”と呼ぶところが妙に魅力的に感じます。
たとえば近所の大人の人だったら普通に“アオヤマ君”って言うだろうと。でも、“少年”と呼びかけると、ちょっと特別なニュアンスがあるじゃないですか。何か“アオヤマ君”って呼ぶよりは近いはずなんですよね。でも一方で、“アオヤマ君”って呼ぶよりも遠い意味でもある。親しみの表現でもあると同時に、彼はあくまで「少年」なのであって、少年と私の間に距離はあるんだよという、いわば線を引く言葉でもあるじゃないですか。その間合いのようなものが、お姉さんとアオヤマ君の関係にしっくりきたのではないかと思います。お姉さんが“アオヤマ君”って呼んでしまうと優しすぎる。優しすぎるし遠すぎる。“少年”と言うと親しいのにもっと遠くなる。それがグッとくるのかなと思う。実際に書いているときはそこまでややこしく考えているわけではなくて、ただお姉さんの人物像や台詞のニュアンスを考えているうちにそうなったということですけど。

Q.宇多田ヒカルさんのエンディング・ソング『Good Night』のご感想を聞かせて下さい。
歌のことはあまり分からないのですが、最初、宇多田さんの歌をいただいた時は「なんだか不思議な歌だな」と思ったんですよ。で、しばらくはフワーッと聞いているだけ。そして映画本編を観た後のエンディングで流れてきた時に、ちゃんと、「あ、これなんだ」とようやく着地するみたいな。僕は納得のいくまでがとても遅い。
だから、宇多田さんの歌を厳密に読み解くみたいな感じではないけれど、最初は、想い出の歌みたいな、過去のことを振り返るような懐かしい印象で始まっていくんだけど、だけどそれがだんだんそうじゃなくなっていくんですよね、聴いていくうちに。それは今もまだ続いているんだという歌であって、しかもそれが宇宙的な雰囲気になっていく。そこに僕は感動しました。

Q.「不覚にも最後の一行で泣いた」といった読者の感想について一言お願いします。
時々は、読者に「泣いて欲しいな」と思って書いている時もあるので、そういう時には泣いてくださると大変ありがたいです、「よかった」と思います(笑)

『ペンギン・ハイウェイ』は8月17日(金)全国ロードショー!


~編集部より~
森見さんのお話を聞いていると、森見さんの思考の一部を触っているような感覚を覚えました。森見さんの頭の中では、とても具体的で輪郭をもった世界が描かれているのだと思います。
また、空想の世界で登場人物が抱えているものは、とても身近で懐かしくもあり、純粋で温かく、血の通ったものです。それが故に、空想世界で迷子にならず、いつのまにか読み手の心にそっと届いているのだなと思いました。
少年アオヤマ君に「出会いと別れ」について教えてもらえるなんで最高です!!この夏休みは、是非親子で読んで、観てもらいたい、満足度MAXで楽しめる作品です。
これからも、次々と森見ワールドが世に送り出されてくることを期待しています!!

森見登美彦氏プロフィール
1979年生まれ。奈良県出身。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。2003年、在学中に執筆した「太陽の塔」で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年「夜は短し歩けよ乙女」で第20回山本周五郎賞、 10年「ペンギン・ハイウェイ」で第31回日本SF大賞を受賞。同年にアニメ化された『四畳半神話大系』(フジテレビ 「ノイタミナ」他にて放送)は、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞をTVアニメとして初受賞した。他の著書に「【新釈】走れメロス他四篇」、「有頂天家族」シリーズ、「恋文の技術」、「夜行」などがある。

■ストーリー
少し不思議で、一生忘れない、あの夏が始まる。
小学四年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、「将来は偉い人間になるだろう」と思っている。そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは歯科医院の“お姉さん”。気さくで胸が大きくて、自由奔放でミステリアスなお姉さんをめぐる研究も真面目に続けていた。
ある日、アオヤマ君の住む郊外の街に突如ペンギンが現れ、そして消えた。さらにアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。
「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」
一方、アオヤマ君は、クラスメイトのハマモトさんから森の奥にある草原に浮かんだ透明の大きな球体の存在を教えられる。やがてアオヤマ君は、その謎の球体“海”とペンギン、そしてお姉さんには何かつながりがあるのではないかと考えはじめる。そんな折、お姉さんの体調に異変が起こり、同時に街は異常現象に見舞われる。
果たして、 お姉さんとペンギン、“海”の謎は解けるのか― !?

■予告動画

■コピーライト
(C) 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

■関連商品をチェック
Amazon prime video で映像化作品をチェック!


HMV&BOOKS online で森見登美彦さんの小説やペンギン・ハイウェイ関連書籍をチェック!
  

電子書籍ストアBookLiveで原作を試し読み!

■原作小説の評価・感想
平均評価 4.0点
・大人と子供、べたべたと依存しあう姿がないのが爽快とも言えます。そこがとても気持よい世界でした。そして、森見さんの文章の句読点の打ち方はとても美しいのです。(夕暮れ さん)
・ストーリーを追うよりも、アオヤマ君の研究記録として楽しく読めた。彼がひとつ失ってひとつ成長するラストに、何とも言えないほろ苦さが。(かんぞ~ さん)
・ラスト二行には、胸をギュッとされた。(jhm さん)
・今作は凄い! はっきり言って…全てがチャーミングで そして切なく、そして前向きで強い。全てのページから夏の匂いや情景を感じられ、この世界観に引き込まれている自分がいました。(za_zo_ya さん)
・不覚にも最後の一行で泣いてしまいました。(yuko1510 さん)

この原作の星の数と評価を読書ログでチェック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る