Pocket

民衆から見た戦争

文中、原爆の凄まじさについて語る父・竹造の話が印象的です。

原爆が爆破した時の温度はなんと12,000度、太陽の表面温度が6,000度ですので、地上約500メートル上空に、一瞬で太陽2つが突如現れた状況です。放射能に加えて、地上のありとあらゆるものが一瞬で沸騰するその恐ろしさ、すさまじさは想像を絶します。

一人一人がそこで生活している姿を思えば、戦争や核などとはよほど無縁な人たちが被むったこの惨い現実に打ちのめされそうになります。

二度と同じ過ちを繰り返してはならないのだと、改めて思うばかりです。

世界が平和でありますように。

広島平和記念資料館HP http://hpmmuseum.jp/

長崎原爆資料館HP http://nagasakipeace.jp/japanese/abm.html

シベールアリーナ&遅筆堂文庫山形館(分館)

山形市の洋菓子販売、(株)シベールさんの本社敷地内には、分館(シベールアリーナ&遅筆堂文庫山形館:山形市蔵王松ケ丘2-1-3)が開設されています。川西町の遅筆堂文庫から約3万冊の蔵書を移動させて展示閲覧しています。

シベールアリーナ&遅筆堂文庫山形館HP http://www.gen.or.jp/

*アクセス:JR山形駅からタクシーで20分


取材協力
2017年8月8日 遅筆堂文庫・川西町立図書館・劇場 遠藤敦子様


【特集一覧へ】 >>






固定ページ:
1 2

3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る