タグ:あらすじ

  • 「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

    土方歳三資料館の館長土方さんにおすすめの本として磯田道史『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』をご紹介いただきました! あらすじ 当代一の歴史家が、日本人の歴史観に最も影響を与えた国民作家に真正面から挑む。戦国時代に日本社会…
  • ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」のお二人に学ぶ!~本のお祭り『ポトラ』より~

    2/4(日)に世田谷区にある桜新町「桜神宮会館」で開催された本のお祭り『ポトラ』に出展している出版社の小さな展示スペースに『ききがたり ときをためる暮らし』(つばた英子・修一氏、水野恵美子氏著)の続編『ふたりからひとり~…
  • 悲しみのイレーヌ

    2月の課題図書はフランス人作家ピエール・ルメートルのデビュー作品「悲しみのイレーヌ」です。 あらすじ 奇怪な連続殺人をめぐる物語がたどりつく驚愕の真相。 若い女性の惨殺死体が発見された。パリ警視庁のヴェルーヴェン警部…
  • 燃えよ剣

    1月の課題図書は司馬遼太郎の「燃えよ剣」です。 あらすじ 新選組副長、土方歳三を描いた司馬遼太郎の代表作が、ついに電子書籍で登場。無類の面白さが貴方を待ち受ける。これぞ小説だ!不世出の小説家、司馬遼太郎さんには幕末に…
  • ふしぎの国のアリス

    12月の課題図書はイギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で書いた児童小説「ふしぎの国のアリス」です。12月の課題図書はイギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロ…
  • わたしを離さないで

    11月の課題図書は今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」です。 あらすじ 優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーや…
  • ぼくを探しに

    10月の課題図書はシェル・シルヴァスタインの『ぼくを探しに』です。 「大きな木」で有名な米国の作家、イラストレータ、シンガーソングライターの顔ももつシェル・シルヴァスタインの代表作品の1つで日本でも大人気の作品。 …
  • タイタンの妖女

    タイタンの妖女

    あらすじ 時空を超えたあらゆる時と場所に波動現象として存在する、ウィンストン・ナイルズ・ラムファードは、神のような力を使って、さまざまな計画を実行し、人類を導いていた。その計画で操られる最大の受難者が、全米一の大富豪マ…
  • きことわ

    あらすじ 永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、25年後、別荘の解体を前にして、ふたたび流れはじめる―。 著者 …
  • 父と暮らせば 井上ひさし

    父と暮せば

    8月の課題図書は井上ひさしの『父と暮せば』です。 「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあま…
  • 社長は少しバカがいい

    ミュージカル「赤毛のアン」~エステー株式会社の取組み~ にてご紹介した本です。  「赤毛のアン」公演やミゲル君CM誕生秘話、東日本大震災に関連した放射線測定器「エアカウンター」の開発・販売秘話も。少数精鋭で日本の空気を…
  • おしゃべりな筋肉

    ミュージカル「赤毛のアン」~エステー株式会社の取組み~ にてご紹介した本です。  「消臭力」のCMでお馴染みの歌手・西川貴教さん執筆で、エステーQも全力応援中!ちなみに「おしゃべりな筋肉」は筋肉増強のノウハウについては…
  • 百年の孤独

    「コロンビア特集 ~ガルシア・マルケスの故郷を辿って~」にてご紹介した本です。 ガルシア・マルケスの代表作品の1つで、世界各国でベストセラーとなり、ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こした長編作品です。 本国コロンビ…
ページ上部へ戻る