ミュージカル「赤毛のアン」

ミュージカル「赤毛のアン」
Pocket

~エステー株式会社の取組み~

◆エステー(株)広報部にお話を伺いました

インターネットで「赤毛のアン」を検索すると、上位に表示されるのが、
≪エステー 2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」≫
だって皆さんご存知ですか?

今回は、「消臭力」でおなじみのエステー(株)が、なぜミュージカル「赤毛のアン」を公演するのか?エステーさん広報部の平井芙美加さんにその理由をお聞きしました。
そこには、「空気をかえよう」をスローガンに掲げ日本の空気をかえたいと奮闘するエステーさんの本気の取組みがありました!

目次

・「富士山」がスタート
・思い出の「赤毛のアン」
・全国に感動を!
・今年は20年目の記念公演
・日常に戻ろう
・ポルトガルの少年から筋肉歌手へ
・感動商品
・おすすめの本
・おすすめのエンタメ
・おすすめのお店

◆「富士山」がスタート

エステー(株)の鈴木喬(すずき たかし)現会長が、日本生命時代に認知度の向上、そして社会貢献のために「日本一の日本生命が、日本一の富士山を掃除する」というキャッチフレーズを掲げながら活動を行いました。すると、その活動がメディアに取り上げられ、社内からもそんな素晴らしい活動なら応援しようという声があがったそうです。

その経験をもとに収益とは違う形で会社の士気をあげる活動として始めたのが「ミュージカル」でした。元々、ニューヨークへ行けば必ずブロードウェイに行くほどミュージカルが好きだった鈴木会長は、ミュージカルから得られる元気・パワー・感動をお客様にも味わってもらえないかとの思いから、1998年にオリジナル・ミュージカルの公演をスタートします。開催するからにはとことんお客様に喜んで頂きたいという想いから、全席無料でご招待をしています。(2017/6/30をもってチケットの応募は締め切りました)

◆思い出の「赤毛のアン」

「赤毛のアン」は、鈴木会長が戦時中に本を入手することが非常に難しかった状況で、手にすることができた本です。疎開生活などを含めて、戦中後の様々な局面で「赤毛のアン」に励まされた、という想いが起点になっています。

「赤毛のアン」は2003年から毎年公演して、今年で15年目になります。
(公式ホームページ:エステー 2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」

◆全国に感動を!

ミュージカルは全国8都市で公演します。主演のアン・シャーリー役やダイアナ・バリー役などのメインキャストにはプロをキャスティングしますが、それ以外の役には各公演都市でオーディションに合格した一般の方が、選出された都市の公演に出演します。

チケットプレゼントキャンペーンには、毎年16万人以上の応募があり、オーディションにも1,000名以上の方々が参加しています。

公演後のお客様からのアンケートでは「小さな子どもたちが一生懸命演技している姿に心を打たれた」との声を多数いただいており、全国に感動を届けたいという想いは「赤毛のアン」という作品を通じて多くの方々の心に届いています。

出演する子供達は、ダンスや歌の稽古、プロのキャストを交えた厳しい合宿などを経て本番に臨みます。そんな子供達を平井さんをはじめとするエステー社員の方々は親のような気持ちで見守っていますし、ミュージカル当日のチケットもぎりやお客様の誘導も社員が行っています。公演後はこうした一体感があふれ出て、参加者全員が本当に感動するそうです。

◆今年は20年目の記念公演

1998年からオリジナル・ミュージカルを始めて、20年目の記念公演となる今年は、東京公演限定で生のオーケストラが入ります!これは出演するキャストの方々も非常に喜んで下さっており、今年の公演は例年以上に楽しめるのではないでしょうか。


【次ページ】日常に戻ろう >>