コロンビア特集

コロンビア特集
Pocket

~ガルシア・マルケスの故郷を辿って~

今回は「予告された殺人の記録」の著者でコロンビア共和国初のノーベル賞を受賞したガルシア・マルケスに迫ります。

駐日コロンビア大使館の永松さんにお話を伺ってきました。ゲリラとの和平プロセスを歩み始め、まさに歴史的な変化を迎えたコロンビア。 7月には毎年恒例の「コロンビア独立記念祭」が日比谷公園で開催されます。それでは、いざコロンビアワールドへ!!

コロンビア大使館い
品川区にあるコロンビア大使館外観
インタビュー
インタビューにご協力下さった駐日コロンビア大使館の永松さん

 

ガブリエル・ガルシア・マルケスとは

ガルシア・マルケスG・ガルシア・マルケス(1928~2014)はコロンビア共和国を代表する作家です。 コロンビアでは初のノーベル賞作家(1982年受賞)であり、 「魔術的リアリズム」の旗手と言われ、多くの作家に影響を与えてきました。

ガルシアは、早くから父母と離れ、祖父母に育てられました。祖父は厳格な兵士で戦争の体験を語り、 祖母は迷信深い人で新聞コラムなどをガルシアに読み聞かせ、共にガルシアの作品に大きな影響を与えたようです。

ガルシア・マルケスの作品1ガルシアの出身地であるアラカタカというカリブ海沿岸の村では、当時アメリカによる中南米諸国支配の道具であったバナナプランテーションが広まり、 街は発展しましたが、彼自身は決して裕福な育ちではありませんでした。
生活難によって大学を中退し、後に新聞社に勤めますが、ライターとしては才能がないと言われます。 決してエリートでノーベル賞までたどり着いたわけではなく、その辺りも国民からの人気を受ける理由なのかもしれません。

※魔術的リアリズム:現実にあるものと現実にないイマジネーションを融合した表現技法。

ガルシア・マルケス代表作品

○「予告された殺人の記録(1981年)」

予告された殺人の記録ガルシア・マルケス自身が 最高傑作として発表した作品です。1951年に起きた実際の事件がモデルとなっていて、 描写の精緻さ故に、事件の真相を知っているのでは?と当局に疑われたという逸話を持っています。

 

○「百年の孤独(1967年)」

百年の孤独世界各国でベストセラーとなり、ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こした長編作品です。 本国コロンビアでは中学校くらいの教育課程で皆が必ず学ぶ作品で、コロンビア人であれば誰でもが知っている作品です。

その他

ガルシア・マルケスの作品2駐日コロンビア大使館には、 スペイン語のガルシア・マルケス作品が多数ありました。 また、本人とも親交があった田村さと子氏が、本人・家族の証言やコロンビアを実際に歩いて集めた情報をまとめあげた「百年の孤独を歩く」もご紹介いただきました。


【次ページ】内戦を乗り越えたコロンビア >>