12/24クリスマスイブ、松本かつぢ展開催記念トークショーに豪華ゲストが登場!

Pocket

12月24日(日)クリスマスイブ、東京都江東区の森下文化センターにて、松本かつぢ展開催記念トークショーが開催されました。
この日登壇したゲストは、かつぢさんの三女で現在松本かつぢ資料館を運営している宇津原充地栄さん、イラストレーターとして活躍し、1970年代には『セツコグッズ』で、一世を風靡し、かつぢさんのたった二人のお弟子さんの一人だった田村セツコさん、もう一人のお弟子さんである上田としこさんを描いた『フイチン再見!』が大好評を博し、近年では『JIN -仁-』のドラマ化でも話題になった村上もとかさん、今回かつぢさんの原画を基にした絵本『ふしぎの国のアリス』を発刊したニジノ絵本屋代表のいしいあやさん、アートディレクター&グラフィックデザイナーで今回の『ふしぎの国のアリス』のアートディレクション&デザインを担当した川口貴弘さんの5名。

松本かつぢさんとは

松本かつぢさん(1904年-1986年)は、中原淳一と同時期に活動し、挿絵や叙情画、童画、絵本などを制作したほか、1938年からは少女漫画の先駆けである『くるくるクルミちゃん』を、35年間の長期に渡り発表し続け、キャラクターグッズの企画・制作にも取り組み、世代を問わず幅広い人気を誇る日本を代表する作家です。今日はそんなかつぢさんとのエピソードから、作風などを豪華ゲスト陣がたっぷりと語り、会場には定員の50名を大幅に上回る参加者が耳を傾けました。

長谷川町子さん、手塚治虫さんにも大きな影響を与えた偉大なかつぢさん

『フイチン再見!』に度々登場するというかつぢさんのエピソードからは、あのサザエさんの長谷川町子先生がかつぢさんに栞のお仕事を紹介して欲しいとお願いした話題を村上さんが披露。長谷川さんが既に別の作家さんの弟子であったことから一旦は断ったものの、毎日絵を描いては届け、熱心に依頼する長谷川さんに、かつぢさんが根負けして仕事を紹介されたそうです。また、手塚治虫さんの『リボンの騎士』が、かつぢさんが雑誌の付録で描いた『?(なぞ)のクローバー』の影響を受けていることに話題が及ぶと、充地栄さんからは「手塚君と一緒に仕事をしてみたかったな」と、父であるかつぢさんが語っていたという思い出も披露されました。かつぢさんについて知っている方はもちろん、あまり知らない方もその凄さをまざまざと感じるエピソードの数々でした。

美しいもの、感動したものに迫り続けて生まれた永遠の「カワイイ」

トークショー中に次々と紹介されるかつぢさんの作品はどれもかわいく、会場からも思わず「カワイイ」という声が何度もあがりました。古びることがないかつぢさんの作品について会場から質問が飛ぶと、田村さん、村上さんのプロ二人からも「こんな素晴らしい作品こんなに沢山生み出せる方は現代でもいませんよ」という告白とともに、「今みてもフレッシュで、個性的で感性が溢れています。それはなぜですかね。おそらく美しいもの、感動したものにどれだけ迫ることができるかを常に描き続けたからこそ、永遠のものになっているのではないでしょうか」と答えてくださいました。

かつぢさんの原画を基に絵本「ふしぎの国のアリス」を出版

今回の展示会開催のきっかけでもある「7つの絵本プロジェクト」では、9月に発刊した「ふしぎの国のアリス」をスタートに計7冊を出版予定。「一寸法師」や「みつばちマーヤ」などの名作をかつぢさんが描いた原画の色を忠実に再現して制作。いしいさんは、かつぢさんの原画に魅せられ、とにかく「カワイイ」この原画で作られた絵本をいつか販売したいとの夢を抱き、今回のプロジェクトでその夢を叶えたそうです。かつぢさんの事を知れば知るほどその偉大さを感じつつ「この素晴らしい作品を後世に残していきたい、本当に良いものを子供たちに届けたい」と願い、プロジェクトを進めているそうで、今後の作品にも期待が広がります。

松本かつぢのふしぎの国のアリス展は、12月26日(火)まで森下文化センターで好評開催中です。


森下文化センター松本かつぢ「ふしぎの国のアリス」展(2017/12/16-12/26)

松本かつぢ公式サイト

ニジノ絵本屋「ふしぎの国のアリス」2,800円(税込3,024円)

読書ログ12月の課題図書は「ふしぎの国のアリス」です。読書ログで評価・感想をチェック!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA






書籍に関するニュース

  1. 現在、美術館「えき」KYOTOで開催中の「ガラスの仮面展」。その会期中、ガラスの仮面フォトスポットが…
  2. ノーベル文学賞が発表されました!!
    ノーベル文学賞が発表されました!! 日系イギリス人の作家、カズオ・イシグロ氏(62)に2017年の…
  3. 大賞
    大賞は『さよなら ママがおばけになっちゃった!』が受賞!! 2017年10月2日(月)に第27回け…




ページ上部へ戻る