赤毛のアン
Pocket

グリーン・ゲイブルズに住むマシュウとマリラの元に孤児院からアン・シャーリーがやってきた。
空想好きなアンは、「大人のようなお茶会」をやったり、髪を緑色に染めてしまったり、
赤毛をからかわれたギルバートを石盤で殴ったりとハプニングをまきおこす。

2017年5月には映画「赤毛のアン」が公開、2017年8月からはミュージカル「赤毛のアン」が15年連続公演。
永遠の名作として親しまれる本作品、是非この機会にいかがでしょうか。

 

評価・感想

・生きる希望を与えてもらった
・アンの存在が人々の小さな希望や夢となり、生活や人間関係に豊かさを生み出していく
・マリラとマシュウがとってもいい人
・とてもとても大切な本。永遠の名作です。

「赤毛のアン」の感想を読書ログでチェック





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る