Pocket

アンスティチュ・フランセ東京は、飯田橋にあるフランス語講座の開講やフランス文化の発信をおこなっているフランス政府公式の文化機関です。今回は広報アシスタントの有馬夕貴さんにお話をうかがいました。

フランス語を学ぼう!

語学学校として、年4学期制でフランス語の授業を開講しています。講座には、初級から上級レベルまで対応した通学クラスのほかにも、遠方にお住まいの方や自宅でフランス語を学びたい方に向けた通信講座(オンラインや教材郵送での学習)を取り揃えています。
また、フランス語学留学サポートも行っており、学校やコース選択、留学中の寮やホテルなどの宿泊先の決定など、充実したサポートを受けることができます。

映画とコンサートを楽しもう!!

施設内にある‘エスパス・イマージュ’は108席あるホールで、コンサートや映画の上映、講演会など、年間を通して様々なイベントが開催されます。
中高生など10代の観客たちに向けた映画講座『シネ・リセ』では、3/31(土)と4/8(日)にそれぞれ『肉体の冠』と『ディオールと私』を上映し、上映後は講師(田中文人氏)による解説とディスカッションを行って映画の知識を深める内容になっています。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1803310408/

4/1(日)から始まる「第21回カイエ・デュ・シネマ週間」では、フランスの伝説的映画雑誌カイエ・デュ・シネマ誌と提携して選りすぐりの日本未公開映画をご紹介します。映画上映プログラムは年間を通して定期的に行っていますので、最新情報は当館のホームページをご覧ください。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1804010415/

フランスのお祭り

アンスティチュ・フランセ東京では、他にも定期的にフランスの文化に触れることができるフェスティバルを開催しており、次回はフランス本国の「音楽の日」にあわせて、アンスティチュ・フランセ東京でも6月23日(土)「音楽の日2018」としてフランスからスペシャルゲストを呼んで、一日中音楽を楽しむことができるプログラムを予定しています。コンサートの他にも、ワークショップ、フランス語の無料講座、そして緑豊かな中庭のテラスでは、フランスのガストロノミーが楽しめる飲食の屋台が出店されるので、子どもから大人まで一日中楽しめる内容になっています。

「ラ・ブラスリー」でお手軽にフランスのガストロノミー~美食文化を

お手軽な値段で本格的なフランス料理を楽しめると人気のフレンチレストラン「ラ・ブラスリー」。子供さん連れでもOKです。

「ラ・ブラスリー」の主催するワインセミナーは毎回とても好評をいただいています。ワインに精通した人気講師が日本語で開講するセミナーなので、ワイン好きの方へ是非おすすめします。都内では珍しく緑が豊かな空間ですので、この時期は中庭のテラスも気持ちが良いですよ。

素晴らしい建築様式

東京日仏学院の設計はル・コルビュジエ門下の建築家である坂倉準三氏が行いました。交わらない二重の螺旋階段を設け、広い窓などは1950年代の当時としては斬新なものだったと思います。今でもこの建築を見ようと多くの方々が見学にいらっしゃいます。


【画像提供:アンスティチュ・フランセ東京】

アンスティチュ・フランセ東京

〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15
TEL : 03-5206-2500
FAX : 03-5206-2501
Email : tokyo[at]institutfrancais.jp

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/

レストラン「ラ・ブラスリー」

営業時間
ランチ:11:45 – 15:00(14:30 LO)
ディナー:18:00 – 22:00(21:00 LO)
定休日:月曜日&祝日 ※日曜日はランチのみ営業
ご予約・お問い合わせ
Tel:03-5206-2741

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/brasserie/

【最寄駅からのアクセス】

・JR総武線 飯田橋駅西口より徒歩7分
・地下鉄(有楽町線・南北線・東西線)飯田橋駅B3出口より徒歩7分
・都営地下鉄(大江戸線)牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る